研究内容

私たちは人生の約1/3を睡眠に費やしています。健康な生活を送るために睡眠は必須ですが、眠っているときに体内で何が起きているのかは明らかになっていません。健康を維持するために必要な”何か”が隠されているのではないかと考えられます。
睡眠はあらゆる疾患と密接にかかわっています。もし睡眠の原理と役割をしっかりと理解できればそれが疾患の理解につながり、私たちの健康に直結するであろうことは想像に難くありません。このような動機から、私たちの研究室は睡眠の「意義」および「原則」を明らかにすることを目指します。最先端の電気生理学的手法、薬理学的手法、分子生物学的手法、行動観察など、様々な方法を用いて研究を進めていきます。
一方で、睡眠と覚醒は表裏一体ですから、睡眠を知るためには覚醒を知る必要もあります。つまり、生物の行動の機構に関わる研究ならば何でも意欲的に進めていこうというのが我々のスタイルです。

以下は研究内容の一部です。

オーストラリアドラゴン
Pogona vitticeps

1. 睡眠の機構
当研究室ではマウスなどの哺乳類に加え、オーストラリアドラゴン(フトアゴヒゲトカゲ, Pogona vitticeps)をモデル動物として用いることで睡眠が生まれる詳細なメカニズムに迫ろうとしています。以下がドラゴンを用いる理由の一部です。

・睡眠パターン
ドラゴンもレム睡眠とノンレム睡眠をとり、それらはとても規則的に切り替わります。その周期は約80秒と、とても短いです。これは睡眠ステージの研究を行う上で大きなアドバンテージとなり得ます。この動物を調べることで、レム・ノンレム睡眠の詳細な細胞メカニズムを明らかにできるのではないかと考えています。

・脳の構造
爬虫類の多くの脳領域は遺伝子発現的に哺乳類の脳と非常に相同性が高いです。その一方で、形状はあまり似ていません。例えば前障(claustrum)と呼ばれる、意識への関与が示唆されている脳領域は哺乳類に比べ大きく、観察しやすい構造をしています。哺乳類と爬虫類の脳の機能を調べ、それらを比較することで、種を越えて保存されたルールが浮かび上がってくるかもしれません。

・実験系
爬虫類の脳は低酸素に強くできているのでex vivo実験が行いやすいです。これにより、これまでin vivo実験が困難であった脳領域から観察できるようになっただけでなく、複数の実験手技を組み合わせた実験を行うことが可能となりました。

2. 睡眠が末梢に与える影響の精査
睡眠は脳以外の臓器にも影響を与えますし、末梢からのシグナルが睡眠制御の鍵を握っている可能性も十分にあります。私たちは睡眠・断眠に伴い末梢臓器で生じる変化を分子生物学的手法および薬理学的手法を用いて分析していきます。

3. 睡眠時に記憶が定着するメカニズム
記憶は睡眠中に定着する、という話を聞いたことがあるかもしれません。これまでに、海馬で発生するrippleという脳波が睡眠時に記憶を整理していることがわかってきています。このrippleを追求することで記憶のメカニズムにせまります。また、疾患のモデルマウスを利用することで、記憶システムの何がどのように破綻しているのかを探ります。

4. くすりの再定義
くすりとは「人間の健康状態を回復し,保持し,向上させるもの」と定義されます (『食品薬学ハンドブック』(講談社))。それならばいわゆる医薬品だけでなく、「電気刺激」や「温度」、ひいては「人の温かい言葉」など、あらゆるものがくすりとなり得ますし、それを研究する学問は薬理学と呼べるのではないでしょうか。薬理学の歴史・伝統を尊敬しながらも新しい概念を積極的に取り込んでいくことで、薬理学の未来を考察していきます。